ルート191 | 函箱雑記帖
造形作家岩田美智子の展覧会案内、日常のいろいろなど。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 百草企画展とzakka常設 | main | Toronto トロントへ >>
ルート191
小串
今年の夏はこれまたひときわ暑い!
外出の機会が減る。おかげで仕事は捗るか、と思えばウチに篭ってばかりいると頭の中が淀んでくるので制作量の割に納得いかないモノもできてしまう。
こんなことが続くと気分も淀んでしまうので思い切って外へGOGO。
という事で今年の夏の一泊ドライブは山口方面へと。

初日はただ温泉宿でダラダラ。
いわゆる旅館料理というものが苦手なので(別に食べたくないなぁと思うもので品数多すぎ)最近は素泊まりプランがある宿を好んで選ぶ。
夕食は併設の食堂や隣接の居酒屋があれば充分。食べたいものを食べたいタイミングで食べたい量だけ。出されたものより選んだもので、が気楽。
朝ごはんも旅館では要らない派。ちょっと寝坊したい、朝風呂入りたいのに朝食時間を決められ落ち着かない。
もっぱらコンビニサンドやおにぎり持参で済ます方がこれまた気楽。

さて温泉で疲労を回復し翌日は海岸線沿いのドライブ。
この山口の日本海側を走るルート191号線が好きだ。片側にJRの単線が走り海のキワッキワをなぞりながら道が続く。
途中途中国道の脇道を入ると小さな漁港が点在する。
観光地でもなんでもないこういう漁港こそ見逃せないスポット。
好い倉庫や路地が入り込む集落が残っている。
それぞれの扉が色分けされたトタン小屋の健気さ、整頓された漁業道具のコンポジション、真っ青、真っ赤、ベージュ、グレー、どの色も海風に晒され程よく退色している。
小さな漁村の静謐な佇まいの1つ1つに薄暗いトンネルから抜けた時のような眩しさを覚え滞っていた脳内にフレッシュな風が吹き抜ける。

国道191号を少し外れ角島大橋を渡りグルリと島を一周し車を北九州方面に向けて今度は海を右手に見ながらの帰路。
下関から関門トンネルを抜け門司に入ると国道は199号線へと続く。
小倉に程近い道沿いにやたら渋い煉瓦造りの洋館と工場を持つ一画があり車を停めて鉄扉越しにうっとりと眺める。
どうも人の気配がなくもう使われていないのかよくはわからない。
人がうち捨てれば朽ちて行くしかないこういう古い建築を見ると愛おしさと同時に切なさと悔しさが込み上げてくる。
ローマやニューヨークで見たような古い倉庫や工場を再構築した現代美術館に再生すればどんなにか特別な空間になるだろう。
日が傾く夕刻しばし妄想タイムに浸りながら国道沿いの夏の旅は終わり。

さあ、感性の渋滞は少しは解消できた、明日からまた制作再開だ。
次の展覧会は9月カナダのトロントです。

COMMENT









Trackback URL
http://blog.mkiwata.com/trackback/112
TRACKBACK